ホソピー@江ノ島

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦略特区法案の本質・・・自分の会社の利益に直結する規制緩和さえ進めば

<<   作成日時 : 2013/11/08 07:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「戦略特区」と言う名の「労働法治外法権地区」の指定を狙う輩がおり、臨時国会の一つの大きな争点になっています。この「戦略特区」指定に血眼になっているのが元大臣で産業競争力会議の竹中平蔵委員です。この事について佐々木憲昭議員が書いています。

画像




「アベノミクス特区をつくるべきだ」と提唱した産業競争力会議委員の竹中平蔵氏は、こう述べています。――「岩盤規制を打破していかなければ」、「特に雇用分野は、残念ながらまったく前進が見られない」と。労働者保護法制をやり玉にあげたのです。

なぜ、そんなことをいうのでしょう。竹中氏は、人材派遣会社の取締役会長だからです。人材派遣ビジネスで利益を上げるため、邪魔な労働法制を意のままに変えたいからです。意図が見え見えではありませんか。

自分の会社の利益に直結する規制緩和さえ進めば、それによって被害が広がろうが、どうなろうが、おかまいなしという姿勢です。到底容認できるものではありません。――これが、戦略特区法案の本質なのです。

・・・・・・佐々木憲昭(ささきけんしょう)衆院議員のブログから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
戦略特区法案の本質・・・自分の会社の利益に直結する規制緩和さえ進めば ホソピー@江ノ島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる