ホソピー@江ノ島

アクセスカウンタ

zoom RSS たぶん、原発事故の責任を追及されていることに対する援護射撃だろう

<<   作成日時 : 2013/03/06 23:31   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


【時事通信の報道】
原発停止は違法=安念委員長が見解
 「原発を再稼働させるのは完全に適法。国が再稼働してはいけないと言う方が違法だ」。経済産業省の電気料金審査専門委員会の安念潤司委員長(中央大法科大学院教授)は、関西電力と九州電力の料金値上げの査定方針を取りまとめた6日の会合で「原発をすぐに立ち上げればコスト増にならず、われわれもこういうことをやらずに済んだ」と強調した。
 安念委員長は「原子力規制委員会が審査して、再稼働を認めるなんてことは全く理解できない。そういう審査権は法令のどこにもない」と指摘。
「各社は直ちに再稼働していいというのが私の考え。にもかかわらず、何となく原発を止めていなければいけないのは、法治主義の大原則に正面から反する」との持論を展開した。(2013/03/06-17:23)


安念さんの発言は正気じゃないですね。
彼は仮にも法学者として生きているわけです。
そこをキチンをおさえてもらうことが必要です。
その上に立って彼の思考パターンを考察すると行き着くところ、企業の代弁者でしょ。
電力業界は原発停止状況の中で利益を出したい。
原発で悪者扱いされているので厳しい状況に立たされています。
電力業から再稼働といっても相手にされないのが現状です。
そこで、自ら「原発再稼働罪」をでっち上げ、自らが法学者の立場から再稼働罪の不当性を発信することで電力業界の援護射撃を行う事を考えついたに違いない。

どうせなら「原発再稼働罪」をつくってしまえば簡単だ。

それから原子力規制委員会の審査を否定しているが、ばかげた議論だ。たとえば薬品は良くても悪くても厚生省の許可が必要だ。その使用が国民のいのちに直結しているからだ。原発も事故を起こせば国民のいのちをおびやかす施設である。これの安全を審査することがどこがおかしいのか伺いたいものだ。耐久性のない原発をつくり、繰り返し事故を起こしてもいいのだろうか?こんな話し、子どもでもわかる議論だろう。
企業の代弁者に成り下がり、人間としての道徳観を無くした人間の悲しい末路を見ているような気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
たぶん、原発事故の責任を追及されていることに対する援護射撃だろう ホソピー@江ノ島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる