ホソピー@江ノ島

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本は本来持っている農業生産力を今こそ発揮するとき ・・世界は干ばつで食料生産力が落ちている

<<   作成日時 : 2012/08/03 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TPP協定が結ばれることになると、コストのかかる日本農業はアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの農業製品に駆逐され、日本の農業が崩壊することは明らかだ。さて、最近アメリカやその他の農業国で干ばつなどで農作物の不作が伝えられています。その点日本は干ばつとは無縁でなおかつ農業のインフラもすすみ農業生産性も低くありません。この日本の農業生産性を利用することが必要です。
TPPで農業が破壊される前に増産に転じる必要があります。



米国の干ばつ、過去1週間でさらに深刻化=気象専門家
ロイター 8月3日(金)15時51分配信

拡大写真
8月2日、気象専門家が発表した報告書によると、米国を襲っている過去半世紀で最悪の干ばつは、過去1週間でさらに被害が拡大していることが明らかになった。アイオア州で先月撮影(2012年 ロイター)
[2日 ロイター] 気象専門家が2日発表した報告書によると、米国を襲っている過去半世紀で最悪の干ばつは、過去1週間でさらに被害が拡大していることが明らかになった。

中西部やグレートプレーンズ(大平原)では、平年を上回る気温と少ない雨量により、トウモロコシと大豆の生産が大きな打撃を受けている。

気象専門家らが毎週まとめている「干ばつモニター」によると、7月31日時点で、ハワイとアラスカを除く米本土48州の約3分の2が干ばつ状態、5分の1以上が厳しい干ばつとなっている。

イリノイ州、ネブラスカ州、カンザス州、ミズーリ州、アイオワ州など、トウモロコシと大豆を生産する穀倉地帯の多くでは、気温が平年より2─5度ほど高く、降雨も少なく干ばつが深刻化。アイオワ州で厳しい干ばつに見舞われている地域は、1週間前の28%から31%に拡大した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本は本来持っている農業生産力を今こそ発揮するとき ・・世界は干ばつで食料生産力が落ちている ホソピー@江ノ島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる